フォグエンジニア 霧のいけうち

濡れない霧で冷房加湿

周年栽培を可能にする、 濡れない霧のハウス内冷房システム

細霧より微細な“微霧”

まず初めに当社が取り組んだのが、濡れない霧を用いたハウス内の冷房加湿システムの開発です。 

夏季の熱暑問題や、冬季から春季にかけての乾燥対策など。 四季の影響が強い日本の施設園芸において作物の高収量化・周年栽培を実現するためには、対策を講じるべきさまざまな課題が存在します。

これらの課題には従来、細霧による冷房加湿が有効とされてきましたが、作物が濡れることによる徒長などの病気への懸念や、目詰まりの問題により、理想的な栽培環境を得ることは困難でした。

微霧冷房加湿システムCoolBIM®

一方、当社が開発した、ハウス内冷房システム「CoolBIM®(クールビム)」は、セミドライフォグ®(平均粒子径10~30μm)という細霧よりもはるかに微細な霧“微霧”を用いています。

霧が速やかに蒸発するため、作物や施設を濡らすことがなく、また湿度のコントロールを高精度に行うことも可能です。

微霧と細霧、作物の濡れの比較

外気温度と比べて-8℃の温度低下

自社温室では屋外温度と比較し、-8℃の冷房効果を実証。
すでに実際の生産現場においても、周年栽培を目的とした環境制御を目的とした導入実績も多くあり、作物に濡れが発生しない、ノズルの目詰まりや噴霧のON/OFF時にボタ落ちが発生しないなど、好意的なお声を頂戴しています。

CoolBIM®の冷房効果

霧を用いた新しい農業の展開

製品紹介

お問い合わせ(アグロ事業部)

東京営業所
03-6400-1978
03-3452-6151
大阪営業所
06-6538-1086
06-6538-4021