フォグエンジニア 霧のいけうち

トップメッセージ

アグロ事業部発足の背景

我が国の農業は、担い手の高齢化や後継者不足、エネルギーや資源の高騰などの影響から、従来通りの農業では収益性の向上が見込めないといった不安が高まっています。

このような状況を受け、施設園芸では、高品質な作物の周年安定生産が可能な、植物工場などの大規模農業や、ハイテク農業への取り組みが急務となっており、大企業の農業参入が増加しています。

当社においても、霧の微粒化技術を活用した新しい農業を創造すべく、ハード・ソフトの研究開発から製造・販売までを担う、アグロ事業部を発足させました。

微霧冷房加湿システム

取扱商品は、従来の細霧冷房に用いられる霧よりもはるかに微細な“微霧”を用いた、栽培システム、冷房加湿システム、消毒防除システム、鮮度保持システムなどです。

大黒柱となるのが微霧栽培システムですが、近年の地球温暖化対策として「微霧冷房加湿システム」が脚光を浴びています。

微霧冷房加湿システムCoolBIM®
共同研究で栽培されたトマト

温暖化で真夏の気温が35℃を超えると、温室内は40℃を超える高温となり、作物の生育が悪くなるだけでなく、作業者が熱中症にかかる危険性があります。

当社では微霧の気化熱を利用した、作物や温室内を濡らさない冷房加湿システム「CoolBIM®(クールビム)」を用いて温室内の気温を下げることで、作業者の負担軽減や、温室での周年栽培を可能にしました。

現在は兵庫県西脇市に営農試験農場を建設し、トマト、レタス、イチゴを周年栽培して販売し、黒字化の実証を行っています。

また、大学、NPO研究会、農業参入の企業などと新しい栽培技術や環境制御技術を共同研究し、霧を活用した環境制御技術によって、1年を通して温湿度制御や飽差制御を行い、周年安定生産の実現と、更なる高収益性を追求しています。

アグロ事業部 部長 米澤 正晴

製品紹介

お問い合わせ(アグロ事業部)

東京営業所
03-6400-1978
03-3452-6151
大阪営業所
06-6538-1086
06-6538-4021