フォグエンジニア 霧のいけうち

車体冷却システム

製品概要

 微細な霧(ドライフォグ※1やセミドライフォグ®※2)を噴霧し、車体・台車・バンパーを急速冷却するノンドレン冷却システムです。
 ファン冷却からの切り替えにより冷却時間の短縮、環境対策(作業者のやけど対策)、また製造ラインの温度上昇を抑制して工場内の冷房電力を削減することが可能です。
 センサー・制御機器・水処理装置などにより車体を濡らさずに冷却します。

特長

・ドライフォグ※1、セミドライフォグ®※2を噴霧するノンドレン車体冷却システム。
・対象物表面で霧を瞬間蒸発させるため、潜熱を利用した冷却が可能。
・空冷方式の課題である冷却能力不足の問題を解消。

※1.平均粒子径(霧の平均サイズ)が10μm以下の霧をドライフォグと定義しています。
 このように非常に微細な液滴は、壁や人などの物体に衝突した際に破裂することなく弾かれるため、濡れが発生しないという特長を持ちます。
※2.セミドライフォグ®とは、平均粒子径(霧の平均サイズ)が10~30μmの霧を指します。
 微細かつ、濡れの原因となる粗大粒子を含まないという優れた特長を持ちます。

用途

熱暑対策:マスキング(シーリング)前、下塗り乾燥炉出口
検査・研ぎ時のやけど対策:オーブン(下塗り・中塗り・上塗り)出口、リペアライン

この製品を見た人はこちらの製品も見ています。