フォグエンジニア 霧のいけうち

[レポート]ガスタービン燃焼用空気の完全蒸発水噴霧システムの確立について

更新:2016年3月11日

近年、地球温暖化の影響で、夏期におけるガスタービンの出力低下が顕著になっており、燃焼用空気の吸気冷却システムが注目されている。吸気冷却システムには水噴霧式、熱交換器式などがあるが、水噴霧式は、初期設備および運転コストが他法より小さいメリットがある。その中で、平均粒子径が20μm程度のセミドライフォグ®を噴霧する方式はその効果が特に大きいとされる。

本報では、セミドライフォグ®を用いた水噴霧式において、蒸発距離を従来よりさらに短縮するための開発を報告する。すなわち、蒸発距離の極めて小さいタイプのタービン等への適用を念頭に置いた。旋回流を用いたセミドライフォグ®噴霧の研究を行ったので、紹介する。

ダウンロード

資料はPDF形式で配布しております。 PDF形式のファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader™ が必要です。インストールされていない方はこちらからダウンロードしてください。