フォグエンジニア 霧のいけうち

[レポート]水噴霧式吸気冷却の高効率化に関する研究(速報)

更新:2016年3月11日

涼霧ノズルを用いた水噴霧冷却による常温空気の冷却・加湿の実験報告

夏場の屋外での環境冷房として、水噴霧による手法が国内でも普及してきた。この背景には、少ないエネルギー消費で平均粒子径が20μm 程度の所謂セミドライフォグ®を噴霧できるノズルが普及したことが挙げられる。この分野で活用されている「涼霧ノズル」を吸気冷却分野に応用することで、従来よりも少ない消費エネルギーで安定した常温空気の冷却を実現できる。吸気冷却には、広義のコージェネ、冷房用、機器冷却用など様々な用途があるが、流れ場におけるセミドライフォグ®の蒸発に要する「時間」に関する研究例は少ない。

本報では、流れ場における常温空気へのセミドライフォグ®の噴霧による冷却・加湿を、完全蒸発をキーワードに研究を行ったので紹介する。

ダウンロード

資料はPDF形式で配布しております。 PDF形式のファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader™ が必要です。インストールされていない方はこちらからダウンロードしてください。